病後児保育事業

病後児保育事業について

子どもの病気によって、仕事に行けないなど、様々な困難や問題を抱えるひとり親家庭のために訪問型病後児保育事業を実施

ひとり親家庭の場合、子どもの病気によって、親が仕事に行けないなど様々な困難に直結するため、病児保育を求める声が強くなっています。
このため、山形県ひとり親家庭福祉会は、新たに、病後児保育に取り組むこととし、仕事を休めないひとり親家庭を訪問して、病気の子どものお世話をする訪問型病後児保育事業を実施しています。

対象者等

県内に住所を有する母子家庭、父子家庭の子どもで以下の条件を全て満たす場合に対象とします。

  • 1限られた財源での支援になるため、山形県で実施している日常生活支援事業の登録者に限定します。
  • 2生後1年から小学校6年生まで
  • 3当該病気に関し医師の診断を受けており、当該かかりつけ医から「第3者に預けてもよい」とされていること
  • 4強い感染性をもたないこと
  • 5支援員が看護できる程度の状態であり、投薬する必要がないこと
  • 6緊急時に親が対応できること

実施内容

支援実施場所
当該病児の居宅に支援員が訪問して支援する訪問型病後児保育事業として実施します。
支援時間帯
病後児保育の支援員の派遣時間は、9時~18時としますが、若干の時間の変更については、応相談とします。
お申し込み
受付電話 023-622-5570
受付時間
原則として、月~金の8:30~17:15
利用料
一律1時間300円とします。

寄付金の募集について

NPO山形県ひとり親家庭福祉会は、ひとり親家庭支援のために無償に近い金額で病後児保育等の提供や完全に無償の学習支援を提供しています。
これらの支援事業は、一般の方々からの寄付金のよって支えられています。
継続して支援を実施していくためには、皆さんからの寄付に頼るしかありません。
下記まで電話いただければ、寄付金の納付書を郵送しますのでよろしくお願いします。

寄付金に関するお問い合わせ

023-622-5570 受付時間/月〜金曜日 8:30〜17:15

お問い合わせ・お申し込み受付

  • お問い合わせフォーム
  • 寄付金に関するお問い合わせ